ブライダルフェアを活用

ブライダルフェアを活用

ブライダルフェアを活用 結婚式は子供のころからのあこがれという人は多いけれど、挙式には何をどうやって進めてゆけばいいか迷ってしまうかもしれません。そんな時はブライダルフェアを上手に使って、自分たちが理想とする挙式を上げるための情報をしっかりと集めるのがおすすめです。
まずはブライダルフェアの開催日を確認して、希望するところを絞りましょう。会場では知識豊富なウェディングプランナーが案内してくれることが多いので、会場を回りつつ自分たちが疑問に思ったことは遠慮なくその場で質問しましょう。
挙式会場や披露宴会場、料理、衣装などの項目に加え、会場までのアクセスや周辺のロケーション、スタッフの対応などもチェックしておくようにします。
また、会場によって持ち込みができるものとできないものとがあるので、どうしても自分たちのこだわりのものを使いたいときには、挙式費用にも関わってくるので持ち込み料が発生するかどうかなども必ず事前に確認しておく必要があります。

一般的な挙式(キリスト教式・神式)の流れと所要時間

一般的な挙式(キリスト教式・神式)の流れと所要時間 日本人のカップルの多くはキリスト教式で挙式を行いますが、これから結婚式を予定している方は基本的な流れと所要時間を知っておくと良いでしょう。
まず最初に親戚や友人・知人などの列席者が会場に入場して、着席します。次に司会者(牧師などの宗教者)が入場するので、列席者一同が起立してから開式の宣言が行われます。新郎新婦が入場してから規律したまま讃美歌を斉唱し、着席して聖書朗読・祈祷の後に新郎新婦が「誓いの言葉」を述べます。指輪交換・誓いのキス・結婚宣言を経て結婚証明書に署名して、最後に司会者が閉式の辞を述べて終了となります。新郎新婦が退場して閉会となりますが、挙式の所要時間は30分~45分程度です。
神式だと讃美歌の斉唱・聖書朗読・誓いのキスなどは行われませんが、そのかわりに「修祓の儀(お祓い)」「玉串拝礼」「三々九度の盃」などが行われます。神式でも、新郎による祝詞奏上(誓いの言葉)や指輪交換などがあります。